サッカー選手の動きを追うEagle Eye(イーグルアイ)でデータサッカーが加速する! #プレカン

カテゴリー

選手の位置・動き・スピードを可視化する“EAGLE EYE”

イーグルアイ

これが、EAGLE EYE(イーグルアイ)。
アップパフォーマーという会社の製品。
これは試作品。

二の腕につけて、サッカーをプレイする。
USB充電で、2試合分の充電ができる。
実際に持ってみると、想像以上に軽い。
そして、これを着けて少しぶつかったくらいで壊れない。

イーグルアイ

アップ・パフォーマー代表 山田さんの熱いプレゼンが始まった。

通常、選手の動きを見るのに、
ビデオトラッキングシステムを使うそうだ。

そのシステム、とっても高い。
それはスタジアムでカメラを使用して、映像を残す。
1,000万円とかするので、
プロでも一部のチームしか使われていないらしい。
練習後、撮影した映像を確認するのも、
実時間の5倍もかかる。

Eagle Eyeを使うと、こんなイイことあります。

コストも安い(18,000円位/1個)。
検証時間も効率的になる。

Eagle Eyeの仕組みをまとめてみると。。。

  1. サッカーの場合、キーパー以外の選手一人一人がつけてプレイ。
  2. 選手の位置、動き(方向・走行距離)、スピード(速度変化・加速)データが、
    WiFiでクラウドサーバーへ。
  3. コーチ陣は、スマホやタブレットでアプリを使って、データ確認する。

Eagle Eyeは、選手のパフォーマンスの視覚化ツールなのです。
走ってないのが、丸わかり。
選手の評判はよくないそうです(笑)。

Eagle Eyeは、とっても見やすいのに驚いた!

イーグルアイ

上の写真が、スマホでEagle Eyeのデータを見てるところ。

いやぁ~~、ゲームの画面か?
って、思うほど、とってもきれい。
画面のUIがきれいで、見やすいのに驚いた。

画面では、選手の動きが記録されてる。
試合のどの場面で、どんな動きをしているか。

おたまじゃくしみたいに見えてるのは、
尾っぽの方向に向って、動いてる様子を表示している。
わかりやすい。

サッカーはチームのスポーツ。
チーム全体のパフォーマンスの分析に役立てるためのツールが、
このEagle Eye。

Eagle Eyeの使って欲しいターゲットは、
日本のユース、ジュニアユース、ジュニア。

Eagle EyeのPV。かっこいいモーショングラフィックス映像です。
テキストの動き・テンポ・スピードもうまい。
カトゥーンなイラストもセンスいい。
イメージでEagle Eyeがどんなものかわかります。

Eagle Eyeの残念なところ。

  1. GPS使用なので、使えるのは屋外のみ。
    屋内競技では使えない。
  2. 公式戦で使えない。
    ルールで公式戦では装飾品類の装着ができない。
    練習試合でのみの使用。

Eagle Eyeに期待すること

アマチュアサッカーの子どもチームの選手もつけられるような価格設定。

ちびっこサッカーが、このEagle Eyeで変わるかもしれない。
サッカーをしている子が当たり前に、
このEagle Eyeをつけてるような時代を見てみたいと思った。

近い将来、データサッカーが浸透したら、
サッカーはまったく経験ないけど、
サッカー戦術のプロアナリストの職種も生まれるかも。
スタジアムにいないで、離れたオフィスから指令を出すような。

Eagle Eye / Up Performa公式サイトはこちら。

アップパフォーマーのEagle Eyeの使い方の映像です。
わかりやすいので、見てみてね。↓↓↓
Eagle Eyeで何ができるのか? | Eagle eye #2 製品説明編

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
sponsored link
100%自分カスタマイズのオーダーシューズ。NIKEiD

PUMA STORE Online