東京モーターショー初体験!ベストカーのシークレットイベントに参加した。これはただの新車発表会じゃない、もうオトナの極上のショーなのです!

カテゴリー

ベストカーのシークレットイベント。
編集部員の説明付きで東京モーターショーをまわるのだ!

初体験で、緊張ワクワク。

ベストカー東京モーターショー

第44回東京モーターショー2015。
場所は東京ビッグサイト。
下の写真は、10/31(土)午前11時。
この日は、朝10時から開場。
午前中なのに、国際展示場駅からかなり混んでた。
今まで、いろんな展示会で、
このビッグサイトに来たけど、
どうもモーターショーはこの時点で
興奮の度合いが違うのだ。
ベストカー東京モーターショー

TVで見たことあるけど、
モーターショーに来るのは初めて。

気合を入れて来たが、さすがモーターショー。
コミケほどじゃないけど、
通常の展示会とはわけが違う。
なかに入ると、各社の自動車メーカーエンブレムが。↑
ア~どうしよう。気持ちが高ぶってきたーー。
まだ車見てないのに・・・。

まず、
ベストカーの「東京モーターショー2015パーフェクトガイド」を購入です。

集合1時間も前だけど、ベストカーのブース到着。
「よし、記念写真とろ」。
ブースを見ると、ベストカーの東京モーターショーのガイドブックがあった。
乗用車編を購入。500円(税込)。安いです。即買いです。
ベストカー東京モーターショー2015パーフェクトガイド

この黄色のモーターショーガイドブック。
あとで聞いたら、10/28(水)取材で、翌日29(木)には出来てたんだって。
ベストカーの編集凄すぎ!
ツアー前に、これをぺらぺら見て、ちょっと予習。

いきなりスペシャルゲストでスーザン史子さん登場だ!

集合時間になった。
ベストカー編集部の塩川さんが参加者の点呼をとり、
準備万端。ツアー出発かっと思ったら、
「今日はスペシャルゲストに来ていただいています!」
「びっくりしないで、引いたりしないで下さいね。」と塩川さん。
スーザン史子(ふみこ)さんが現れた・・・。
ベストカー東京モーターショー

「おっ、」と心の中でことばがもれた。
私「なかなかすごいな。」(ココロの準備ができていない)
塩川さん「ハーイ!記念写真とりましょうね~~」
参加者がバシバシとスーザンさんを撮りに行ってる。
私も撮らせていただいた。
わかりやすいポーズを久々に見せてもらった。
これがベストカーの洗礼か!
こころの声(あー、今日は来てよかった。面白いことになりそうだ!)

このスーザン史子さんとは?

『女性誌やクルマ専門誌、web等で活動中。
ベストカーでは神出鬼没の謎のお嬢様、
グレイス史子としてのキャラを持ち、
読者を動揺の渦へと巻き込んでいる。』

女性誌にクルマ記事を書いてるプロのライターさんなのだ。
モータージャーナリスト。(カッコイイ!)
すごいひとだったのだ。

ベストカーの東京モーターショーツアー始まった。

スーザン史子さん、ベストカー塩川さんが先生役で、
修学旅行の私達を引率しているかたちで出発。
モーターショーだよー。
ベストカー東京モーターショー

ベストカー東京モーターショー

まず、マツダのブース。
マツダのコンセプトカーRX-VISION
ベストカー東京モーターショー

ひとが多くて前まで行けない。
なにがなんだかわからない状態。
みんなの写真を撮ろうとする迫力がものすごい。

うしろはこんな。↓

ベストカー東京モーターショー

スーザン史子さんの解説によると。。。
ここ数年ロータリーエンジン開発を凍結していたので、
ロータリーエンジン搭載でサプライズなのだそう。

大音響で、クルマゆっくり回転で、
まわりでカメラ撮影大会なので、
スーザンさんの解説を聞き取るのも大変だ。

さすが、スーザン史子さん。落ち着いたものだ。
きっと毎年の光景なのだろう。
ど派手なスーザン史子さんのファッションも、
ど派手なモーターショーではふつうに見えてきた。。。
(ウン、いけない。正常な感覚が麻痺してきたか・・・・・)

ベストカー東京モーターショー

つぎは、NISSAN。
ベストカー東京モーターショーNISSAN
ベストカー東京モーターショーNISSANブース

ガンガン迫るサウンド、挑発する照明。
これはオトナの世界なのだ!

大音量の音楽、刺激的な照明に
圧倒されてた。
日産のコンセプトカーがステージでゆっくり回転してる。
釘付けだ。

きゃー、かっちょいいぞーーーー。
NISSAN CONCEPT 2020 VISION
GRAN TURISMO
私も大好きプレステの人気ゲーム『グランツーリスモ』とのコラボなのだ。
ベストカー東京モーターショーNISSAN

こんなイヤラシイ照明の色、
これほどの大音量の音楽、
18禁の世界そのものではないか。。。
ちょっと恥ずかしいけど、
行きたいみたいな。。。

「やぁ~、いいね~~。」とか言いながら、
カメラを向けて、ひざまずいて、かぶりつきなのである。。。
オトナの撮影なのであります。。。

出たぞ、GT-R

ファンの熱い視線の先にあったのが、
NISSAN GT-R
先月、ベストカーのトークイベントでお話を聞いた、
水野和敏さんの開発したクルマなのだ。
フェラーリ、ポルシェ、マクラーレンよりも速いという噂。
(きっと本当)
ベストカー東京モーターショーNISSAN

うしろのウィングもかっこいい!
ベストカー東京モーターショーNISSAN

メーター340km/hまであるんだよ~~~。↓↓↓
ベストカー東京モーターショーNISSAN

そして、シトロエン。CITROEN C4 CACTUS
スーザン史子さんはシトロエンに乗っているそう。
デザインがいいって。
シトロエンなかなかかわいい顔してる。↓
私はモデルさんの挑発的なポーズにも、
カメラを向けず、
まったく動じておりません。→
シトロエンにフォーカスでございます。
ベストカー東京モーターショーシトロエン

ベストカー東京モーターショーシトロエン

ドアの側面に、やわらかゴムがついてる。
これは、エアクッション。
ナイキと同じ。
ぶつけて傷がついても、ここだけ取替えられるのだ。
さわってみると、押すとやわらかい。
このクルマは再来年に日本に投入されるそう。
べストカー東京モーターショーシトロエン

引率の先生、塩川さん(ベストカー編集部)。↓↓↓
ベストカー東京モーターショー

トヨタのブース。
TOYOTA S-FR
ベストカー東京モーターショートヨタ

TOYOTA C-HR Consept ↓(下の写真)
SUVハイブリッド
「 C-HRは来年3月のジュネーブショーで市販モデルが
展示予定で、市販型も2016年秋にデビューの予定。」だそう。
(塩川先生からの情報です。さすが!)↓↓↓
ベストカー東京モーターショー

LEXUS LF-LC ↓
レクサス初の燃料電池技術搭載。
自動運転技術も搭載。
さすがレクサス。トヨタブースでも一際注目を集めてた。
ベストカー東京モーターショートヨタ

スズキ
Air Triser(エアートライサー)
スライドドアで、両側に大きく開く。
私はこのモーターショーで一番開放的なクルマだと思った。
ベストカー東京モーターショースズキ

ホンダ
CLARITY FUELCELL(クラリティ フューエルセル)
燃料電池車として、初の5人乗り。
トヨタのMIRAIに対抗する、ホンダの量産燃料電池車がコレ。↓
ベストカー東京モーターショーホンダ

ヤマハ
SPORTS RIDE CONCEPT(コンセプトカー)
車輪まわりのふくらみ、
全体の大きく波打ってるような曲線が好きだ。
YAMAHAって、かっこいいクルマあるんだって。
これは自分が乗りたい。
ベストカー東京モーターショーヤマハ

スーザン史子さんに聞いた。
「今回モーターショーで気になるクルマは何ですか?」

ツアーの移動中(ビッグサイトの会場が広い)、
スーザンさんに訊いてみた。
「今回の東京モーターショーで、
とくに印象に残った車は?」

  1. ダイハツ NORI ORI(ノリオリ)
    バリアフリーカー。
  2. スズキ Air Triser(エアートライサー)
    アレンジ自在のリラックス空間。
  3. スバル VIZIV FUTURE CONCEPT
    コンセプトカー (進化版ターボ+ハイブリッドのSUV)

お話をしていて、スーザン史子さんは、
家族で過ごすクルマの時間を大切にしているように思った。

子どもが乗りやすいこと。
オトナが快適に、安心して楽しめること。

日々の取材で、スーザン史子さんがクルマに向ける視線。

どこに注目して、クルマを見るのか。

スーザンさんと話して、
『女性が楽しめるクルマ、ヒトにやさしいクルマ』が、
これから自動車メーカーのクルマづくりに、
さらに求められていくように感じた。

モーターショー初体験でわかったこと。
東京モーターショーは、
クルマの最高のエンターテイメントショーだった。

音と光で、クルマという究極の工業製品に魅了された。
これまで、実際に販売されている自動車の見本市みたいに思ってた。
実際はちがってた。

自動車メーカーが夢を語る場所。
クルマ好きたちが夢を見る場所。
それが東京モーターショー。

クルマの構造の詳細情報がまだ公表されていない、コンセプトカーの競演。
それが東京モーターショー。

自動車メーカーが、
どんなクルマをこれからつくっていくんだという意思表示、
方向性を示す場が、この東京モーターショーなんだって、こと。

ベストカーのようなメディアでさえも、クルマの詳細がわからない。

車体の名前から、エンジンを推測したり、
どの既存のクルマの車体を使用してつくっているとか、
クルマのメディア、ファンは、それを推測するのがまた楽しみなんだ。

そして自動車各社によって、ブースの演出がまるでちがう。
メーカーの表現、演出を、テーマパークのアトラクションのように楽しんだ。

また、来年、東京モーターショー行こうっと。
皆さんも一度、行ってみてはいかがですか?

一人でも、カップルでも、家族でも。
おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんまでの3世代で来てた方々も
たくさん見かけました。

クルマに詳しくなくても大丈夫。
1日じゃ見られないかもしれませんけどね。

東京ビッグサイトには、レストラン、カフェ、コンビニもあります。
私も久々に1日遊んだって感じでした。
次の日、足がパンパン(笑)。
アフター4入場券(日曜を除く16時00分以降入場可能)もありますよ。
遊びに行ってみたらどう?楽しいよ!

******************************************************
第44回東京モーターショー2015は、11月8日(日)まで。

月-土曜日(祝日含む)10:00~20:00
日曜10:00~18:00

当日入場券
一般1,600円
高校生 500円
中学生以下 無料

アフター4入場券(日曜を除く16時00分以降入場可能)
一般 700円
高校生 200円
中学生以下 無料

東京モーターショー 公式WEBサイトはこちら。
*******************************************************

普段、お仕事でいろんなクルマの取材をされてる、
ジャーナリストのスーザン史子さん、
ベストカー編集部の塩川さん。

今回のベストカーイベントの東京モーターショー。
贅沢なガイドで、クルマのワクワクする楽しさを教えてもらえました。
ありがとうございました!

最後に記念撮影。お疲れ様でした。あ~~~、楽しかった!
(左から、塩川さん(ベストカー編集部)、
スーザン史子さん(モータージャーナリスト)、ガッティ)
ベストカー東京モーターショー

スーザン史子さんが持ってる黄色の本がコレ。↓↓↓
ベストカー『東京モーターショー2015パーフェクトGUIDE』
講談社ビーシー
定価:500円(税込)
発売してます。
今回紹介したクルマの詳細は、
ベストカー『東京モーターショー2015パーフェクトGUIDE』に載ってます。
ベストカー応援してね!

ベストカーWEBサイトはこちら。