ウェアラブル初心者の私がMISFIT SHINEを2ヶ月使ってわかったこと。 #misfit #プレカン

カテゴリー

SHINEはジョギングを継続していくモチベーションを高めてくれた!

MISFIT SHINEプレカンレビュー記事

MISFIT(ミスフィット)のブロガー向け製品発表会で、レビュー記事用にSHINEというウェアラブル活動計を提供されました。
ウェアラブルとは、身に着けるという意味。
アップルのiWatchもウェアラブルです。

ウェアラブル初心者の私。
そんなの必要なの?って思ってたぐらいでした。
果たして使いこなせるのか心配でした。
2ヶ月くらい使用して、感じたことを書いていきます。

ウェアラブル活動計なんて本当に必要なのか?

MISFITのイベントで、外国人が走ってるオシャレなプロモーション映像を見ても、いまひとつピンとこなかった。
自分に必要なんだろうか?

家に帰ってしばらくして、やっと気づいた。
そうだ、毎日運動するとき、これをつけて走る、歩くのだ。

私は運動不足解消にジョギングしてます。
もう5年くらい。
ほとんど歩いてますが。

MISFIT SHINE プレカン レビュー記事

SHINEの設定は簡単だった。

使い方は、腕時計の形をしたSHINEを一日中、腕につけて生活します。
一日の終わりにスマホのアプリでどれだけ運動したか、どれだけ深く眠ったかを確認する、というもの。

まずは箱から取り出して、ボタン電池を入れます。
マニュアルがあるので、思ったよりわかりやすい。
下の写真でつかんでるのがSHINE。
このフタを付属の工具を使って開けます。
MISFIT SHINE

中に付属のボタン電池を入れます。
MISFIT SHINE

次はスマホにアプリを入れます。
私はアンドロイドですが、iPhoneでもインストールできます。
Google StoreでMISFITをすぐ見つけられました。
MISFITアプリをインストールします。
マニュアルに書いてあるとおり、セットアップでSHINEをスマホの液晶の上にのせる。

MISFIT SHINEプレカン レビュー記事

自動でセットアップが始まる。
自分の身長、体重を入力する。
MISFIT SHINEプレカン レビュー記事

実はこの同期がなかなかできなかった。
友人に聞いてみたり、MISFITにもメールで問い合わせた。
結局、MISFITのサポートからすぐに返信があり、アプリを一度アンインストールして、再度インストールし直して、無事同期ができた。
(MISFITのサポートの返信メールが翌日には来たので助かった。)

スマホのアプリと同期すると、こんな具合に1周光る。

MISFIT SHINEプレカン レビュー記事

MISFIT SHINEプレカンレビュー記事

同期ができて、これで準備OK。使えるようになった。

運動量がポイントで表示される。だいたいの時間もわかる。

毎日ジョギングしてるけど、必要性に気づかなかった。
正直、映像を見せられても欲しいとは思わなかった。

だが今回MISFITさんから提供いただいて、自分が着けてみて初めてSHINEの良さがわかってきた。

今まで毎日ただ往復1時間の距離を歩いてた。
自分なりにここの地点で休憩、ベンチで水分補給。
そして、また動き出す。
仕事が入ったり、体調が悪いとき以外は、どんなときもこれだけは続けてきた。
運動するのを続けてくると、しない日がどうもキモチが悪くなる。
運動しないではいられないカラダになってくるのだ。

このSHINEを着けて、1日の終わりにスマホに同期させて、運動量を確認するようになった。
目標1,000ポイントで、どれだけ運動したかがポイントの数値で表示される。
わかりやすい。
どの時間帯にどれだけ動いたかが見える。
この時間帯は、電車で移動中とか、家で寝てるとか。

2回トントンと叩くと、おおよその現在時刻もわかる。5分単位で、時間・分が1回光って表示される。運動してるときはそれで充分。

一日の運動量がポイント表示される。

一日の運動量がポイント表示される。

どの時間によく運動したかが棒グラフでわかる。

どの時間によく運動したかが棒グラフでわかる。

どれだけ運動したか、いつ運動したか。
どれだけ眠ったか、どれだけ深く眠ったか。

眠った時間とどれだけ深く眠ったかの時間。

眠った時間とどれだけ深く眠ったかの時間。

運動のポイント目標が達成されたら、表示される。

目標が達成されたらこんな表示が出る。

目標が達成されたらこんな表示が出る。

SHINEは運動する習慣を後押ししてくれた。

私の場合、毎日のジョギングは往復1時間、なにか記録を残すようなものはなかった。
それがSHINEを腕に着けて運動するようになって、後で数値、ポイントで振り返れるようになった。
これが自分にとって大きな変化だった。
ジョギングを続けていくモチベーションになっていったから。
明日も頑張ってからだを動かそうって。

毎日のジョギングは、人に見せるものでもないし、自分の中だけでしていること。
運動できればそれでよいではないかと思ってた。

しかし、いつもの運動をわかりやすく見えるようにしてくれるツールはあると便利だ。

万歩計の代わりにSHINEがわかりやすい。

毎日走ってる人はもちろん、運動不足解消で散歩を日課にしてる方も、スマホをお持ちの方は万歩計代わりにSHINEはいいかもしれない。
高齢の親御さんで、スマートフォン(iPhone/Android)があれば、どれだけ運動したかポイント数やグラフでわかりやすい。
お父さん・お母さんの誕生日や記念日に元気でいてもらうためのギフトに喜ばれると思います。こんなウェアラブル活動計プレゼントされたら、ご両親きっとビックリされますよ。

MISFIT SHINE 製品ページ

*****************************************