EXETIMEイベントのジャンケン大会でもらった賞品『えらべる日帰り温泉』に行ってみた!

カテゴリー

体験ギフト【エグゼタイム】えらべる日帰り温泉は箱根湯本の露天風呂で大満足!

EXETIME(エグゼタイム)は、JTBで人気のある全国の有名旅館・ホテルの宿泊、レストランでの食事などの体験を贈るカタログギフトの会社です。
結婚式に出ると引き出物でもらうカタログ。
商品だけでなく、思い出をつくるギフトカタログであることが、エグゼタイムの強み。
そのエグゼタイムのイベントで、私は『えらべる日帰り温泉』をジャンケン大会でもらった。
ジャンケンに弱い私がもらってしまった。
喜びの様子がこれ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイム

ようやく温泉に行けることになり、カタログで選んだのが箱根湯本の天成園だ。

EXETIMEと旅行ツアーとはココが違う!

エグゼタイムの体験ギフトには湯宿やホテルまでの交通手段はついていない。
通常のツアーと大きく違うところだ。

例えば、私のもらった今回の『えらべる日帰り温泉』の場合、湯宿で温泉を楽しむギフトだが、温泉に行くまでの足(交通手段)は自分で手配しなけらばならない。
私は箱根湯本まで、自分でレンタカーを借りて向かった。
ニッポンレンタカー

エグゼタイムの体験ギフトを贈るときは、交通手段が必要になることをわかっておいたほうがいいと思う。
私はそこが一番わかりにくいと思ったから。
自分で行きたいところを選べるメリットがある反面、交通手段を贈られた方が自分で手配しなければいけないデメリットもあるのだ。
これが注意するポイント!

エグゼタイム体験ギフトを贈られた人はこんな流れで選びましょう。

まずはカタログで選んで、予約確認書が届くまでの流れをご説明していきます。
例)あなたはお世話になったあの人へ、エグゼタイムの『えらべる日帰り温泉』を贈った場合。

ここからは贈られた方の様子で説明していきます。

1.ラッキーなあの人にカタログと申し込みハガキ(カタログギフト券)が届いた。

2.カタログを見ながら、どこの日帰り温泉に行こうかと散々悩んだ結果、絞り込んだ。
申し込みハガキに、カタログに書いてあるその湯宿の商品申込番号・商品名・商品を届けてもらう住所・名前・電話番号を記入して、ポストへ投函する。
と…

申し込みハガキは記入後、写真のように切り離して投函する。

申し込みハガキは記入後、写真のように切り離して投函する。

3.申し込みハガキ投函後、2週間くらいで申し込みクーポンが届く。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイム

どのように予約デスクに電話するかがわかりやすく説明されてる。
(これかなり細かいでしょ)
↓↓↓
体験ギフトEXETIMEエグゼタイム

4.希望日が決まったら、予約デスクに電話する。
(これは早めにしたほうがいいですよ。私はたまたま予約とれましたが)
5.私の場合、4月21日に4月28日の希望日の電話をしたら、翌日には予約確認書が届いた。
あまりに早かったので驚いた。
出発当日はこの予約確認書を利用する施設まで持っていく。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

申し込みハガキに記入して投函して、電話して、クーポンが届いて、電話して、予約確認書が届いて、いざ出発!
このやり取りが面倒だなとも感じたが、自分で行きたいところに行くとはこういうものだろうとも思った。

エグゼタイム

こんなに立派でいいの?カタログ写真の印象と全然違うよ。

世田谷から東名高速、小田原厚木道路、国道1号線で箱根湯本駅を通ってやってきた。
都内から1時間で来れた。
(こんなに近いんだ)

「ヘヘヘ。来たよ~」の図。

「ヘヘヘ。来たよ~」の図。

ここが天成園か。
立派だな。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

(やぁ~レンタカーしてまで日帰り温泉に来てよかったなぁ)
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

中に入っても嬉しさのあまり、パネルをもって記念撮影する。
旅館のスタッフが何?って顔で見てる。
予想外に立派な湯宿で感激している私はただニヤニヤしてしまう。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

想像を遥かに超えたゴージャスさ!
私は修学旅行生のようにキャピキャピ状態で天成園に乗り込んだ。
ロビーに入るとこんな。
うわぁ~、綺麗な中庭が見えてる。
池にはたくさんの高そうな鯉。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

滝が流れてる。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

日帰り入浴の受付に並ぶ。
予約確認書とクルマの駐車券。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

受付をしてもらう。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

ゆかたのサイズを表を見ながら聞かれた。
男性は1種類でサイズ別に渡される。
女性は4種類の浴衣から選べる。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

受付が済むと、この手提げバッグが渡される。
タオル、バスタオル、浴衣が入ってる。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

おみやげ物も充実。気分は修学旅行生だ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

露天風呂に入る前にお風呂に入ったあとの休憩できる場所を確認しに行くことにした。
2Fで無料休憩の部屋を探す。
(お~、こんな広いのか。向こうが見えないよ~)
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

ここは宿泊のお客さんがビュッフェスタイルの朝食を食べるところ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

無料休憩できるところでは、食事も食べられる。
テーブル席もあった。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

3Fのリラックスルームへ向かう。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

ここが3Fリラックスルーム。
静かで照明も暗め。
爆睡ルームだ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

体験型ギフトを贈るならEXETIME

まさに天空の露天風呂だ!

露天風呂は女性は6F、男性は7F。
7Fに着いた。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

脱衣所
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

きれいだ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

いよいよ本日のメイン、露天風呂に向かう。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

ドアを開けると、
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

サウナ、ミストサウナもある。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

屋外に出る。
お~~~。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

よくカタログで見る温泉って、本当にあるんだ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

源泉掛け流しの石風呂だ。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

強い雨が降ってたが、周りの山々にかかる霧を見ながら、お湯にたっぷりつかり、湯けむりにまみれた。
(来てよかった)
心から思った。

体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

写真にはないが、寝湯(STRETCH BUS)が最高だった。
寝転んで背中にジェットバス。
これがたまらなかった。

日帰りってどうよ。1泊したいじゃない?

エグゼタイムのイベントで『えらべる日帰り温泉』をジャンケン大会でもらった時、真っ先に頭に浮かんだのは母だった。
親孝行できるなとも思った反面、日帰りは大丈夫か気になった。
母に話したら、やはり日帰りはしんどいとのことだった。
結果、家内と2人だけで行くことになった。
私も母と同じで日帰りがキツイなぁと、正直なところ思った。
(エグゼタイムの方々には申し訳ないけど…)
温泉入って、ご飯食べたら、もう帰りたくなくなるよ。

今回実際に行ってみて、想像以上に箱根湯本の天成園が素晴らしかった。
余計に帰りたくなかった。

お昼ごはんは2Fの憩い処(無料休憩処・お食事処)で、ラーメンを食べた。

体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

950円(税込)。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

これがまた美味しかった!
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

両親に感謝をこめてEXETIMEで旅行を贈ろう

エグゼタイムの『えらべる日帰り温泉』を体験して感じたこと

1.カタログの湯宿の写真を充実させてほしい
カタログで天成園を選んだが、情報が乏しい。
もっと写真を充実したほうがいい。
開放的で絶景な露天風呂。
箱根らしい雰囲気を存分に味わえる。
館内は新しくて綺麗だ。
どこを歩いても清潔。
レストランの料理も美味しい。
旅館スタッフの接客も一生懸命で温かい。

世田谷区からクルマで1時間で来れるのだ。
(こんなに近いんだ)

それがカタログではわからない。
これでは天成園で働く人達が可哀想だ。

箱根は火山の噴火で昨年は大変だった。
今回何も気にならなかった。

カタログで行きたいなって感じたら、ネットでたくさん調べたほうがいい。
行ってみたらカタログ写真より良かった湯宿はまだまだ他にもきっとあるだろう。
若い方々はスマホで調べるのが上手かもしれないが、年配の方々はカタログ写真に左右されるのではないか。
エグゼタイムの会社にはオトナのお客さんに優しいカタログ作りをお願いしたいと思った。

2.カタログで選んで、予約確認書が届くまでの手続きをもっと簡単にしてほしい。
この記事の最初にも書いたが、エグゼタイムのイベントで説明されている私でも、文字でいっぱいの申し込み説明を見てもわかりづらい。
イラストにして、誰でもすぐ見てわかるようにできたらいいのになぁ。

体験ギフトって、うれしいと思った

帰りに中庭に寄った。
かわいい。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

雨が降ってきたので、顔をうずめて寝だした。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

温泉は日帰りでも十分楽しめた。
今回行ったのは、自分の誕生日で結婚記念日だった。
誕生日祝いや記念日に、宿泊付きの温泉なんかプレゼントされたら、誰でも大喜び。
それを身をもって実感した。

思い出をギフトにするって、最高の感謝のカタチなんだって。
日帰り温泉で箱根湯本の天成園の露天風呂につかって、わかった。

あなたも天空露天風呂に入るとこんな具合になっちゃいますよ。
きっと(笑)。
体験ギフトEXETIMEエグゼタイムのえらべる日帰り温泉箱根湯本天成園

エグゼタイムWEBサイトはこちら。