ワコムの手描きデジタルノート『Bamboo Slate』が気になる!!10月下旬より販売開始。

カテゴリー

ワコムは使いやすい

Wacomのペンタブレットをずっと使っている。
intuos 3だ。
画像編集(Photoshop)やイラスト描き(Illustrator)はもちろん、映像制作(After Effects)、映像編集(Premiere Pro)までお世話になっている。
映像でペンタブを使用するのは編集スタジオで見てから。
慣れると使いやすいですよ、とスタジオのスタッフからおしえてもらった。

スマートフォンのアプリでもワコムのBamboo Paper(これは無料)を使用している。
夕飯の買い物リストとかを手書きでメモるのにとても便利で助かっている。
ワコムは手描きのデジタルツールで一番信頼できると思っている。

今日、ネットニュースでそのワコムの新製品情報を発見した。
手書きノートをデジタル化できる、か。
よくあるけどWacomの新製品だ。
気になったので調べてみた。

ノートに手書きでメモるとデジタル化!

Wacomの新製品はBamboo Slate (Large/Small)、Bamboo Folio(Large)。
10月下旬から販売開始だ。

Bamboo Slate, Small(A5サイズ) 15,000円(税抜)
Bamboo Slate, Large(A4サイズ) 18,000円(税抜)
Bamboo Folio, Large(A4サイズ) 23,000円(税抜)

*価格はワコムストア参考価格です。

自分の好きな紙のノートに専用ペンでメモって、ボタンを押すとデジタル化されるらしい。
ノートパッドの厚さは8mm以下(80枚)まで対応。

Large(A4)とSmall(A5)。

SlateのLarge(A4)とSmall(A5)。

FolioにiPhone6Sを置いて比較。

Folio(A4)にiPhone6Sを置いて比較した様子。

下のリンクで使い方のイメージ映像が見れます。
↓↓↓
Wacom Bamboo Slate Folio はこんなふうに使う。

便利につかえそうだ

Bamboo Slateにノートパッドを置いて、専用ペンでメモしたりスケッチしたり。
左下のボタンを押して、
「Wacom Inkspaceアプリ」に保存。
アプリで編集・共有する。

JPEG/PNG/PDFで書き出せたり。
Dropbox/Evernote/OneNoteに保存できる。

ノートアプリ「Bamboo Paper」、ワコムのクラウドサービス「Inkspace」を利用できるので便利そうだ。

Slate Small(A5)とiPhone6Sの比較。

Slate Small(A5)とiPhone6Sの比較。

手書きがすきだ

わたしはイベントでお話を聞いたりする場面でも小さなメモ帳に書き取る。
ノートパソコンは使わない。
カチャカチャとキーボードを叩く音が周りに迷惑な気がするし。
だから自分にしかわからない文字やカタチを描いて記憶に残すのがすきだ。
(自分でもわからないこともあるけど…)

実際にこの新製品を使ってみたわけではないので
使用感はわからないけど、ワコムなので期待が大きい。
10月下旬になれば量販店のワコムコーナーでさわってみようっと。

Bamboo Slate 詳細

Bamboo Folio 詳細

ワコムストアはこちら。