新型NOTE e-POWER試乗をしたらテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』に取材されました!

カテゴリー

“e-POWER”の意味がわからない

先週、新型NOTE e-POWER日産特別試乗会に参加した。
しかし開発担当のかたから説明を受けて、
試乗はしたものの、“e-POWER”の意味がわからない。

家に帰ってプレスリリースを見たら
「充電不要」(えっ!)
「ガソリンでエンジンを回してモーターに充電」(なに?)

家内から、
「充電コンセントの記念撮影したの?」

わたし
「そういえば見なかった…(やばいよ…)」

電気自動車の充電コンセントにプラグを差し込んで記念撮影をしたかったのだ。

(イベントで日産のかたから説明を聞いたのになぁ)
まったく肝心なところが理解できていなかった。
(恥ずかしいなぁ~)

日産本社を初めて訪れて、
(ゴーンさんがいたらどうしよう?)
そんなことでアタマがいっぱいだった。

イベントの試乗ではふだん入れないNISSAN TEST DRIVEから
新型NOTE e-POWERに乗り込んで、
赤レンガ倉庫、中華街、みなとみらいと
横浜観光気分を満喫した。

緊張とうれしさでココロもはち切れそう。

大切なところを見逃した。
日産LEAFのような充電コンセントなんてない!
ガソリンの給油口があるのだ!

これでは日産の方々に申し訳がないではないか。
もう一度、日産に行って試乗しよう!
ということで、日産グローバルギャラリーに向かった。

テレビの取材を受ける

2/15(水)、日産グローバルギャラリーにやってきた。
横浜駅からそごうの裏側、
歩いて5分くらい。
昨年から何度も試乗に来ている。
大好きな場所だ。


試乗カウンターで予約をする。


1時間ほど試乗まで時間がある。
スターバックスコーヒーでランチをすることにした。
外には新型NOTE e-POWERがいた。

ギャラリーカフェのスターバックスコーヒーで。


試乗前の確認事項の説明を日産スタッフのかたから受ける。

試乗予約のカードをもらう。


するとテレビ東京のディレクターさんから声をかけられた。
夜11時の『ワールドビジネスサテライト』の取材だそうだ。
私の試乗にカメラマンも同乗してもよいか確認される。
「よろこんで!」と即答するわたし。

音響さんからピンマイクをつけてもらう。
「放送されなくてもいいですから。
マイクをつけてもらうところを写真に撮れるだけで十分です」

音声さんにピンマイクをつけてもらう。うれしくてしようがない。


試乗がはじまる

天気は晴れて温かい。
最高の試乗日和だ。

いよいよ試乗スタート。
助手席に日産スタッフ、
後部座席にディレクターさん、カメラマンさんが乗る。

撮影されていることの緊張より、
知らないひとを乗せていることの緊張が来る。



エンジンボタンを押す。
静かだ。

アクセルを踏み込む。
「うわぁ~、なにこれ?」
ふわっとクルマが進む。
アクセルペダルの感触がたまらない。

100%電気自動車のLEAFとも違う。
いままでに味わったことのない感覚だ。

試乗コースは南方面へ。
約5km、15分ほどの試乗だ。

横浜の街なかを走る。
信号で停止。
前に1台。
そのあとにつく。

アクセルペダルをゆっくりとゆるめる。
すぅ〜と停止する。
停止してからブレーキを踏む。

通常のエンジン車の信号待ちでの動作より忙しくない。
楽なのだ。



走行モードのボタンでノーマル、eco、S(スマート)に切り替えができる。

ノーマルはふつうのエンジン車と同じようなアクセル・ブレーキ。
eco、Sモードはアクセルペダルで加速減速できる。
Sモードのほうがアクセルペダルの減速加減がより強くなる。

新型NOTE e-POWERは渋滞や信号待ちの停止がとても楽になる。
アクセルをゆるめて停止でブレーキを踏む。
乗ってみると思ったよりアクセルでの減速が強いので慣れが必要だ。
でもすぐ慣れるので、
ちょっとしたお出かけ、近所のスーパーへの買い物は楽々。

日産スタッフから
「ゴルフの帰りはアクセルのワンペダルで減速できて楽なんですよ」と言われた。

たしかにそうかもしれない。
ブレーキペダルを踏む頻度が減るから。

e-POWERは使いやすい!

100%電気自動車でもない。
ハイブリッドでもない。
新しいクルマ、e-POWER。

テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』で
大浜さんがわかりやすく言っていた。

「ガソリンエンジンは電気をおこすだけ。
走る動力は100%電気なんです!」

テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』



環境にやさしい。
なにより人にやさしい。

充電の必要がなくて、今までのガソリンスタンドで給油できる。

電気自動車だとどこまで充電がもつのか心配になる。
充電できるスタンドを探さないといけない。

ガソリンスタンドはどこでもあるので気が楽だ。

ガソリンエンジンで発進してモーターに充電して、その電力で走行する。
e-POWERはとても運転しやすくて利用しやすい。

アクセルペダルの感触が面白いので、
興味があるかたは試乗してみて。
日産グローバルギャラリーで試乗できます。
無料です。

助手席には日産スタッフが乗ってくれますので、
運転に自信がないかたでも大丈夫です。
ちょっとした横浜ドライブもできて楽しめますよ。

そして、一時停止ではe-POWERでも、
きっちりブレーキを踏んで安全確認しましょうね!
(ガッティ)

日産グローバルギャラリー

インタビューも受けました。聞いてもらえてうれしかった。

いい記念になりました(笑)。