DELLデザイン担当のマイケル・エリス・スミスさんに聞いてみた。~デル新製品発表会ニコファーレ~

カテゴリー

日本とアメリカが求めるパソコンってどう違うの?

今回、米国デル本社からデザイン担当のマイケル・エリス・スミスさんがイベントに来場。 NEW XPS13 2 in 1とALIENWAREのデザイン面のプレゼンを行った。
デル本社のかたが来日するのは貴重だそうだ。

マイケル・エリス・スミスさん


マイケル・エリス・スミスさんにインタビューしてみた。

ガッティ
「日本のユーザーとほかの国のユーザーの求めるカタチってちがいますか?」

マイケル・エリス・スミスさん
「デルはグローバルカンパニーです。全世界に通用するデザインとは何かを時間をかけて調査しています。基本的にはグローバル単位でやっています。しかし、国によって特性もあります。お客様の声も違います」

「日本には強力な国内PCブランドがあります。コマーシャルでは軽さを重視、売りにしています。そこはグローバルという統一した方針でやっていきたいんですけれども、日本ユーザーの声も大切にしています。きちんと対応していこうと思っています」

通訳のかたにも大変お世話になりました。



ガッティ
「ファッションだと国によって、地域によって、カラー・デザインがカスタマイズされたり。でもパソコンは国によって地域によってデザインが変わったりしないんでしょうか?」

マイケル・エリス・スミスさん
「特定の地域や国から、グローバルでも通用するような要望であればそれに応えていきます。実際にゲーム用のALIEN WAREでは中国からのリクエストに応えて製品化しています」



ガッティ
「デザインのお仕事で大切にされていることはどんなことですか?」

マイケル・エリス・スミスさん
「何と言ってもお客様に喜んでいただくこと。お客様からの声に真摯に対応して、それを商品に反映させること。最新の技術でお客様の問題を解決することです」


デルの現場の最前線にいるかたからお話を聞けた。
グローバルデザインの製品を発表していく大変さを感じた。

インタビュのあと、記念撮影してもらった。
デルのPCが今までとちがって見えるようになった。



xps-13-9365-2-in-1-laptop(2017/1/20発売)

xps-15-9560-laptop(2017/1/20発売)

デル株式会社