宝塚大劇場を見てきた!スターもファンもキラキラしてた!

カテゴリー

宝塚のスターはカッコイイ!

大阪出張の帰り。
前夜、宝塚ホテルに泊まった。
インターネットのタイムセールで、
食事なし・シングルで、
6,700円(サービス料・税込)。
驚きのプライスだったのだ。
空きがあったらしく、
ツインルームの広い部屋に泊まらせてもらえた。
ラッキーだった。

宝塚ホテル


ロビーには宝塚の衣装や写真が飾ってあった。



(たしか、宝塚大劇場が近かったよな)

チェックアウトのあと、
宝塚大劇場に寄ってみた。
育った地元が近かったが、歌劇は観たことがなかった。
一度、行ってみたかった。

劇場に近づくとわくわくしてくる

阪急宝塚南口駅から歩く。
橋を渡るとすぐのようだ。


向こうに大劇場、宝塚音楽学校。

橋の上で記念撮影する。

橋を渡り音楽学校のよこを通ると、
手塚治虫記念館、
そこを左にいくとすぐ。
宝塚大劇場が見えてきた。

大劇場の入り口を探す。
人だかりが見えた。

(なんだろう?)

関係者入り口のまえにファンが集まっている。



(誰かスターを待っているのかな?)

スターが現れるのを見たかったが、
大劇場に向かう。


大劇場の入り口にきた。
(お~、ここが宝塚か!)
ひとりで感激する。


チケットは持っていないが、
ロビーには行ってみたい。

なかに入ると大勢のひとたち。
今日は通常公演とはちがうみたい。
公演チケットと招待券を交換しているようだ。



(この公演があるのか)
宝塚をなにも知らないわたしは、
「ほぉ~」と言いながら、
しきりにうなづく…。

99%以上が女性。
男子禁制のなかを歩くような気分だ。
チケットを持っていない観光客バレバレ状態。

大劇場の扉まで来た。
(ここから入っていくのか)



なかを覗いてみる。
(一度、観てみたいなぁ)


(宝塚の衣装を着て記念撮影できるのか)
(ファンのひとたちはたまらないんだろう)

衣装撮影のスタジオ


ロビーのなかを歩き回る。
お土産ショップもあった。
以前、日比谷の宝塚劇場で入ったお店よりずっと大きい。

スターを想うファンの気持ちが美しい

大劇場を観ての帰り道。
関係者入り口。
来るときに見たスターを待つファンの人だかりがあった。

ファンのかたに聞いてみた。
スターがお稽古にやってくるのを待っているそうだ。

関係者入り口から少し離れたところに、
これまた大勢のファンが整列している。
(えっ、あれは何だろう?)


ファンのひとりが点呼をとっている。
ちかくにいたかたに聞いた。
あの列はスターの親衛隊みたいな特別なファンのひとたちだそう。
誰でもなれない。
スターがやってくるといっしょになかに入れる。
特別なファンのひとたちだからスターから声をかけてもらったりできる。

と、そのとき、スターがやってきた。
2列あったうちの1列のファンたちが、
スターのうしろをついて歩く。
清楚に。
キリッと。

目の前にスターが来た。
スマホで写真を撮ろうとした。
どういうわけか撮れなかった。

そのとき、撮影してはいけないような気もした。

(そろそろ帰ろうか)
大劇場のうらの扉へ、
宝塚の出演者らしきひとたちがどんどん入っていく。


宝塚のスターはかっこよかった。
ファンは清楚で気品があった。
宝塚を大切にしているスピリットを見せてもらえた。

ロビーでスタッフのかたに記念撮影してもらいました。
ありがとうございました!
いい思い出になりました。
(ガッティ)