カナダ建国150周年大使館祝賀イベントに行ってきた! #lovecanada150

カテゴリー

2017年7月1日、カナダは建国150周年なのだ!

(お~~、カナダ大使館の祝賀イベントに行けるのか!)
前日から興奮してよく眠れない。
遠足の前の子供の気分だ。

必要な持ち物はパスポートか、
顔写真のある身分証明書。
厳重な警護なんだ、大使館だもの。

そうだ、パスポートどこにあるんだっけ?
家の引き出しを探してようやく発見。
有効期限を見ると1年ちかく前に切れていた。

(やばい、カナダ大使館に入れてもらえるかな?
運転免許証があるから大丈夫か)

3月8日(水)夜6時、カナダ大使館に着いた。

チェックを受けてなかに入った。
警備員さんはやさしかった。

大使館の建物から赤坂の夜景が見えた。
(きれいだなぁ~)
まだイベントが始まっていないのに、
すでに観光気分になる。

風が吹いてないのでカナダの国旗がひらひらしていない。ちょっと残念。


ロビーに入った。コートを自分でハンガーにかけて、クロークにかける。
セルフクロークは初めてだ。



祝賀イベントがあるホール。
席についた。
ホールはちょっと小さな映画館みたい。


MCの小川りかこさんが現れた。
きれいだ!
声もよく通ってる。
カナダ大使館の本気度がわかる。
イベントって、MCの第一声で決まる。



カナダ駐日大使 イアン・バーニーさんが登場!
ナマの大使だ!こ、これはすごい!

カナダ駐日大使 イアン・バーニーさん


カナダ観光局の取り組みが説明される。
楽しいこと、おいしいことがいっぱいのカナダ。

カナダ観光局 半藤さん


安田早紀さんの「モザイク-カナダ-」は7月1日に最終回を迎える。
(さみしいなぁ)

カナダシアター



雑誌『CREA Traveller』の倉林編集長。
カナダの街でみた面白かった風景の説明。

『CREA Traveller』倉林編集長



カナダのBAR。お茶もできてパンも食べられる。
お母さんが子供連れで来れる場所。
写真には写っていないが子供が走り回っている。
(カナダは進んでるなぁ)


続いてノンフィクション作家 上原善広さん。
『水曜どうでしょう』で見たのと同じユーコン川の写真が出てきた。
このかたは20年ぶりに訪れたそうだ。
話しを聞いていると、雄大な自然が拡がってくる。
(行ってみたい)

ノンフィクション作家 上原善広さん


安田早紀さんVS大納言光子さんのトークショー



イマジカBS「モザイク-カナダ-」に主演の安田早紀さん(真ん中)、お笑い芸人の大納言光子さん(右)。



安田さんがカナダで体験したエピソードを、スライドを見ながら説明する。



大納言光子さんは5月1日から1ヶ月間、
バンクーバーから首都オタワまで広大なカナダを横断していくのだ。
ユーザー投票で現地で体験することを決定。
例えばこんな選択肢。
あなたならAとBのどっち?
なかなか悩むでしょ?



赤と黒。キャラのちがいが際立つ。
衣装のコーディネイトもさすがだ。


Monkey Majikのミニライブだ!

なんとサプライズゲストが登場するの?
だ、だれ?
(お~~~)
MONKEY MAJIKだ!
カナダ人兄弟Maynardメイナード(Vo&G)さんとBlaiseブレイズ(Vo&Gt)さん。
まさかMonkey Majikが観れるなんて!
感激だ!

MONKEY MAJIKのカナダ人兄弟Maynardメイナードさん(左)とBlaiseブレイズさん(右)


本物のMonkey Majikだ!
アコースティック・ギター2本で「FLY」と「TOGETHER」が演奏された。
演奏中の撮影ができなかったので、
スケッチしてみた。
暗くて紙が見えなかった(笑)。
左がメイナードさん、右がブレイズさん。


MONKEY MAJIK / fly

MONKEY MAJIK / Together

カナダ料理はうまい!

祝賀イベントのあとは、楽しい試食タイム!


カナダ大使館で料理を提供している重田シェフ、
カナダ大使館参事官 アンドレア・クレメンツさんが料理の説明をしてくれる。



いよいよビュッフェタイム!



一番おいしかったのは、
「アルバータ産ポークのスパイシーカレータンドリー風味 キャベツソテー添え」。
おかわりしたかった。

「アルバータ産ポークのスパイシーカレータンドリー風味 キャベツソテー添え」


重田シェフがローストビーフを切り分けてくれる。


高級ホテル気分だ。


(もう少し大きなお皿にしてくれたら、いっぱい料理をとれるのになぁ)
他の参加者に言ったら、「今日一番おもしろかった!」って。
うれしかった。

カナダは一生懸命なのだ!

やっぱりカナダは実際に行かないとわからない。
大使館でおいしいカナダ料理を食べてもわからない。

「大自然」+「食」+「笑顔」=カナダ

帰ろうとエレベーターを待っていた。
絵に気がついた。
カナダアーティストの油絵だ。
テーマは「春夏秋冬」。
カナダ大使館のスタッフのかたからおしえてもらった。


よく見ると、漢字で「春」「夏」って描いてある。

「春」と「夏」。


「秋」と「冬」。


ロビーでクロークからコートを取り出す。
CD試聴機があった。
カナダアーティストのCDが聴ける。
時間がなかったので聴けなかったのがとても残念だった。



カナダのPRをどこまでも徹底的にやってた。
それがよくわかった。
ひとの良さ、まっすぐなところ。
カナダって、行ってみたらきっといいとこなんだ。
そんなふうに感じた。