『長倉洋海の眼』を観た。展覧会は5/14(日)まで、東京都写真美術館(恵比寿)にて。

カテゴリー

信頼がなければ撮れない写真

4月30日(日)、恵比寿。
東京都写真美術館に行った。

『長倉洋海の眼』を観た。
(東京都写真美術館 5/14(日)まで)


長倉さんはフォトジャーナリスト。
世界中の内戦、難民、貧困、差別の現場を取材しているかただ。
入り口には撮影可能なスペースがあった。



死と隣り合わせの現場。

ライフルを向ける少年の眼は冷たかった。
難民キャンプの少女は大人のような眼差しを向ける。
アフガンの指導者のやさしい眼は平和な世界を夢見てた。

どれも信頼がないと撮れない写真。

偶然、入った写真展だった。
ひとを撮影するのが好きなのでとても勉強になった。

写真を見終えて会場を出ようとすると、
長倉さんにお会いできた。

私「日頃、お休みのときは写真を撮ったりするのですか?」
長倉さん「公園とか。撮りますよ。iPhoneで」

にこっと笑ってくれた。
すこしホッとした。

記念撮影をしてもらった。


****************************************

会場を出た。
ちょっと疲れたのでお茶をした。
東京都写真美術館のよこにおしゃれなカフェがあった。



恵比寿駅に歩いた。
夕陽がキレイだった。


『長倉洋海の眼』詳細

東京都写真美術館