DELL XPS-13 2 in 1はクリエイターが欲しくなるノートパソコンなのだ!

カテゴリー

モニターが抜群にきれいだった

XPS 13 2-in-1プラチナハイエンド・QHD+タッチパネル
CPU:Core(TM) i7-7Y75
グラフィック:インテル(R) HD グラフィックス 615
メモリ:16GB
HDD:512GB PCIe SSD

価格:202,980円(税抜・配送料込み)

xps-13 2 in 1


デルさんからXPS-13 2 in 1プラチナハイエンドをお借りした。
XPS-13のなかでゴージャスなノートPCだ。

最初、届いて初めて起動したときの感想は:

思ったより小さい。
シルバーカラーでも、その素材感は大人向け。
モニターが大きい。小さいサイズのノートPCなのに。
起動もスーパー速いじゃないか。

電源を入れて最初にしたのはYouTubeを観ること。
Live配信でNASAが宇宙での作業映像を流してた。
あまりのきれいさに感激した。


音楽も音がいい。


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

仕事が似合うノートPC

LOCMAN(ロックマン)というイタリア時計ブランドのイベント終了後、東急プラザ銀座のKIRIKOでお茶をした。


液晶がきれいな光沢。撮影している私が映り込んでいる。


薄い。


右側面。ひざに置いたら。



右側面。
左から電源ボタン、SDスロット、USB-Cタイプ。


スピーカー。
左右の側面に配置されてた。


左側面。

左から、
電源・充電・データ転送のUSB Cタイプ。
ヘッドフォン。
充電残量ボタン。
白く光っている5つのランプで充電残量をおしえてくれる。



裏面。


撮影写真をカフェで確認してみた。

大きな画面、精細なモニターで見ると出先でもキチンと見れて安心する。



ネットにはスマートフォンでテザリングしてつないだ。



2 in 1の様子

ノートで、


タブレットで縦使い。


タブレット横使い。


テント。
これは家のリビングで映画をHuluやdTVとかの配信で観たりするとき便利。


フレームレスはやはり見やすい

よかったところ:
クアッドHD(3200×1800ピクセル)がきれいだ!
フレームレスが見やすい!

起動が速い!
充電持ちもよい。

使っているときに熱くもならない。
そして静か。
会議で使っても気にならない。

音でいえば、
キーボードは押しやすくて静か。
疲れにくいと思う。



もっとよかったらと思うところ:
もう少し軽かったら言うことないのにと思ってしまう。

やってみたかったこと:
Windows Inkが入っているので、デル製アクティブスタイラスペン(オプション)を使って、絵を描きたかった。

xps-13 2-in-1

こんなひとにオススメ

1.デザイン・音楽・映像などの制作を仕事にしているひと。

2.ひとと違ったノートパソコンを使いたいひと。

クリエイターが喜ぶのだ!

今回お借りしたノートはハイエンド。
CPUも最新でビュンビュン速い。

このスペックなので、
ADOBE PHOTOHOPやILLUSTRATORでの編集もスイスイ。
PREMIERE PROやAFTER EFFECTSでの映像編集・CG加工だってできちゃう。
エンコードもストレスなしだろう。

先日、デルのイベントでABLETON LIVE(DJソフト)で曲出しをしていたのを見た。
このXPS-13 2 in 1 プラチナハイエンドでも、音楽データなら問題ない。

*************************************
クリエイター御用達のパソコンはMACだけではない。
10年前まではマックがなくてはならなかった。

私はずっと仕事でMACを使ってきた。
でもCPUがMAC純正からINTELに変わったとき、WONDOWSに変えた。

肩が落ちそうなくらい重いPOWERBOOK17インチを担いで仕事先に行っていた。
銀座のアップルストアで50万ちかくかかった。

得意先の担当者から
「やぁ、やっぱりマックはかっこいいですね」
と言われ、その当時はうれしかった。
映像・音楽スタジオ、撮影現場でしかMACは見なかった。

販促映像では編集のために、MACがあるスタジオを時間で借りた。
自分でFINAL CUT PROを使用して編集した。

それからiPhoneが発売され、MACBOOK AIRが普段使いのノートで拡がり出した。
スターバックスのようなおしゃれなカフェで、
オシャレなひとたちが使いだした。
業務用コンピューターのMACがファッションに変わっていった。

今、MACを持っていないといけないような時代じゃなくなった。
CPU、ストレージを速いものにすればどのメーカーでも変わらない。

ノートパソコンは見た目が100%。
自分らしいものを探すことが大切だと思う。

Windows Officeを中心に使うひとは、それに適したノートPCを選んだほうがよい。
キーボードの叩きやすさ、持ち運びの軽さ、タブレットでタッチパネルにできるかどうか。

デルのノートパソコンは硬派なデザインだ。
特別に軽いわけではないが、持ち歩いても重いとは感じない。

東急プラザ銀座のKIRIKOカフェで撮影した。
東京でオシャレな場所のひとつだけど、KIRIKOの洗練されたデザインに負けなかった。

派手すぎないが、仕事がきっちりされているノートパソコン。
デザインも余計なものを削ぎ落として、意外に尖っている印象だ。

ぱっと見、地味めなノートパソコンかもしれない。
持ち出してみるとその印象が変わった。
普段に仕事で使いたいと思った。

xps-13 2-in-1 詳細ページ





今回、撮影した場所。
東急プラザ銀座のKIRIKO LOUNGE。

東急プラザ銀座







デル株式会社