パソコンメーカーDELLの新製品発表会に行ってきた。デルはユーザーの声に耳を傾けてた。

カテゴリー

CPUがAMDになったPCが勢揃いだ!



6月9日(金)、六本木グランドハイアット。
デルの新製品発表会に来た。
開場してすぐなのに、もうたくさんの来場者だ。



みんな新製品にかぶりつき。
だれもテーブルについていない。


(今回の見せ場はどこなんだろう?)

デルのスタッフのかたに聞いてみた。
「今回の見どころは…」

まず、CPUがAMDになった。
AMD搭載PCは従来のパソコンより少しリーズナブルな価格になったそうだ。
お値打ち価格で処理速度が速いPCというわけ。

製品ではとくに見てほしいのがこれ。
New Inspiron 27 7000
液晶パネル一体型デスクトップPC27インチ。

New Inspiron 27 7000
フレームレスデスクトップ
New_Inspiron27_7000_7775(2017/6/13発売)

液晶パネル一体型パソコン。
モニターのフチが細い、フレームレスがDELLの売りだ。

これがフレームレス。液晶の縁がうすい。画面が大きく見える。


AMDのCPUは速くて、ストリーミングも快適



デルの田尻本部長からの挨拶でイベントがスタート。

田尻祥一さん
デル株式会社
ビジネス&コンシューマーマーケティング統括本部 本部長


デル本社からRAYMOND WAHさんが登場する。

RAYMOND WAHさん
デル株式会社
コンシューマーおよびスモールビジネス・プロダクトグループ
シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャー










まとめると、
「デルはパソコンがよく売れていて業績がいい、斬新な製品を送り出し、好評を得ている」
と受け取った。

つづいて、
AMD担当者のプレゼン。
PETER CHAMBERSさんが登場。

PETER CHAMBERSさん
DIRECTOR
CONSUMER SALES.
ASIA PASIFIC & JAPAN






まとめると、
「AMDは競合のCPUと比べて優れている、ハリウッドの映像制作会社にも使ってもらっている…」
と。

新製品がずらり

New Inspiron 24 5000
フレームレスデスクトップ
New_Inspiron 24 5000(5475)(2017/6/13発売)



裏側。


New Inspiron ゲーミングデスクトップ
New_Inspiron_gaming_5675_desktop(2017/6/13発売)





これらの新製品はデルのスタッフのかたも、初めて実機を会場で見たと言っていた。
湯気が立っているような、ほやほやの新製品だ。

ゲームや音楽制作にも大容量ストレージが必要


New_Inspiron_gaming_5675_desktop(2017/6/13発売)


ゲームパソコンを見た。
AMDのかたが、CPUの説明で、大容量データの配信でのやりとり(ストリーミング)をスムーズにできることを強調されてた。
でも、その意味がよくわからなかった。
DELLのスタッフのかたに聞いてみた。

スタッフ「例えば、いま、オンライン上でゲームがこんなふうに行われています」



見てみると、プロゲーマーの大会の最中。

私「へぇ~、すごいな」

スタッフ「このひとは有名なゲーマーで、世界中のひとたちが一緒に戦っているんです」



私「オンラインゲームって、こんなふうにやっているんだ」

ライブでゲーム中継しているのを見るのは面白い。

デルのスタッフのかたはゲーマー。
ご自分で曲もつくる。
音楽クリエイターだ。

どうりで詳しいわけだ。



私「ストレージのスペースがたくさんありますね。ゲームでそこまでデータ量が必要になるんですか?音楽は映像にくらべてデータはとりませんよね」

スタッフのかた「音楽も何TBというデータ量になるんです。トラックごとにギター、キーボード、ベース、ボーカル。ドラムはハイハット、スネア、バスドラ…とそれぞれにトラックを割り当てないといけないんです…」

曲をつくるとき、同時にいくつものトラックが再生される。
それぞれのトラックにエフェクトをかけたりすると、CPUにも負荷がかかる。

ストレスなく、音楽制作をするには、
ゲーム同様にCPUスペック、ストレージが重要になるのだ。



実際にゲームをしたり、音楽を作ってるひとに話しが聞けると思っていなかった。
クリエイター目線、ユーザー目線で、パソコンに必要なことをおしえてもらった。

デル株式会社

ユーザーの声に耳を傾ける

横塚 知子さん
デル株式会社
コンシューマー&ビジネスマーケティング統括本部 コンシューマー マーケティング部 部長


イベントの締め挨拶。
恒例、デルの横塚部長が話し始めた。

「イベントではユーザーの皆様から、
ノートパソコンが重いとか、
キーピッチが押しにくいとか、
さまざまなご感想をいただきました。
お客様からのご意見を伺って、
改善していきたい」

話しの端々で、会場からクスッと笑い声が聞こえる。
横塚さんが登場すると緊張がほぐれる。

いつもイベントで来場のみなさん、ひとりひとりに話しかけてる。

「今日のイベント、どうでした?」
「どんどんイベントをやって、デルを知ってもらおうと思ってるんです」

会場をガンガン動いて、話しかける。
ユーザーから感想、意見を聞こうと一生懸命なのだ。
それを見て、私は尊敬する。

横塚さんの人柄が参加者の気持ちを温かくする。

「料理はおいしかったですか?」
「前回イベントのお土産はどうでしたか?」
わたしにはあまりDELLのパソコンのことを聞かれたことはないけど…(笑)。

デルはユーザーの声を一生懸命に聞こうとしていた。
他のパソコンメーカーとそこが違った。

ユーザーが求めるパソコンって何?
真摯に追求するメーカーのパソコンを使いたくなる。

またデルが好きになった。
#DELL #デル


デルのイベントはおいしい

ブッフェスタイルの食事が出された。
昼ごはんをあまり食べていなかったので、大人げもなく、全開で食べた。
お皿に料理をひとつひとつ取っていくと、いっぱいになった。
まだすべての料理の半分。
2枚めのお皿でのこりの料理もコンプリート。
どの料理もおいしかった。
とくに肉料理がたまらなかった。



デルさんに胃袋をわしづかみにされた。

お土産はこれ。
鶴屋吉信にDELLの焼印だ。
思わず、口から出た。
「やられた!」
さすが、デル。



デル株式会社