ロゼッタストーン。日本語禁止、外国語のままに学ぶ。目指せ、ロゼッタ人!

カテゴリー

あ~~英語がわかるようになりたい

この写真のテレビCM見たことないですか?
八百屋さんがいろんな外国語を話すお客さんにどんどん何カ国もの外国語を瞬時に返すシーン。
最初見た時、これなんだよなって。
こんなふうになれたら世界が変わるだろうにって思ったものです。


そのソフトがこれ。
ロゼッタストーン。

今なら、先着30万本(全24言語)
特別価格 4,980円(税抜)
通常価格 27,593円(税抜)

ロゼッタストーン
icon



わたしは以前、東京丸の内の丸善本店でこのイベントを見ていました。
興味はあるけど、恥ずかしくて近くにいけない。

ロゼッタストーンの大きな特徴は、日本語を介さず、外国語のまま理解すること。


世界37,000以上の機関、500万人が利用する言語習得メソッド

ヘッドセットをつける。


レベル1からやってみる。

redと音声が聞こえる。
redの画像をクリックする。
つぎに進む。



The fish is red.
と音声が流れる。

それと合う画像をクリック。



レベル1からだと、
どんなふうに使うかの説明も聞かないでも進めていける。

マイクで発音すると、お手本と自分の音声波形が比較できる。



場面を見て発音する。


ロゼッタストーン詳細
icon

外国語を習得したいひとに

わたしは英語がうまくない。
旅行程度しか話せない。
なにを言っているか聞き取れない。

最近は好きな米ドラマのセリフがわかるようになりたいので、アメリカのニュース映像をネットで毎日見ている。
3年以上続けている。
それだけでも、単語の聞き取りは以前よりできてきたと思う。
ニュースなので、難しい政治用語がいっぱいだけど、なんとなく全体の内容はわかってきた。
英語、米語を話す機会がないので、なにを言っているかの聞き取りだけで十分なのだ。

イベントで、ソースネクストの担当のかたから話しを聞いた。
以前、アメリカに留学をしていたそうだ。
アメリカに滞在中、もっと英語を勉強しておけばよかったと、心底思った。

それを聞いて、思い出した。
私はずいぶん昔、はじめて行ったニューヨークからの帰り、飛行機のなかで猛烈に米語を勉強しようと思った。
ニューヨークは世界の中心に感じた。

ブルーノートで超有名アーティストを1,500円(?)ほどで間近で聴いた。
まだ日本に来ていない『オペラ座の怪人』『ミス・サイゴン』などのミュージカルを観た。
マチネで2,500円(?)で観れた。
エンタメが大好きな私には刺激が強かった。

いまは当たり前にあるベーグル。
まだ日本に知られていないときに、NYの街角のカフェで食べた。
美味しかった。

ニューヨークは、パリ、ミラノ、フィレンツェなどのヨーロッパの人気観光都市ともまるっきり違っていた。

それから何十年か経った。
今、インターネットが急速に普及して、現地と同時にオンエア放送でニュース番組を毎日観ている。

地球規模で物事を知りたいとき、やはり英語がわからないと困る。
私は米語がわかるようになりたい。

ロゼッタストーンは24言語に対応している。
どの外国語を身に着けたいかは人それぞれ。

まだ米語を習得していない私でも、言語を習得すれば世界が変わることだけはわかる。

受験も関係なくなって、仕事で必要なわけではなくても、外国語は面白い。
あまり知られていない外国語を勉強するのもいいかもしれない。

ロゼッタストーンは、外国語習得のひとつのツール。
これだけで流暢になるわけはない。
それでも、外国語勉強のきっかけになる。

ロゼッタストーン詳細
icon