JAZZ ART せんがわに行ってきた。坂本弘道のチェロが叫びを上げた!

カテゴリー

せんがわが面白い!



JAZZ ART せんがわ。
はじめて来た。

チェロ奏者 坂本弘道さんを見るためだ。


今年でこのJAZZ ART せんがわ は10周年だそう。



出演者のCDもたくさん置いてある。




*********************
坂本弘道ディレクション
中村達也+PIKA+坂本弘道 with ながめくらしつ
13:30~15:00
せんがわ劇場

出演:
中村達也(Ds)、PIKA(Ds)、坂本弘道(Cello)、ながめくらしつ(ジャグリング&音楽集団)
**********************
ながめくらしつのジャグリングからスタート。
不思議な時間が流れ始め…

中村さんと坂本さんの掛け合い。
ド迫力のドラミングと爆音チェロの戦いだ。

坂本さんのチェロが叫ぶ。
マイクで拾われた音にエフェクトがかかる。
チェロの音って、こんなのだったっけ?




ギターのように膝に置いて、チェロをかき鳴らしたり。
チェロの音がシンセ、ギター、ベースにどんどん姿が変わっていく。




コクーン歌舞伎、シスカンパニーなど舞台音楽も手掛けている理由がわかる。
場の空気をつくるのがうまいのだ。




わたしは坂本さんと知り合って、東京に出てきて以来、30年ほどになる。
彼は昔から舞踏にも興味があった。
今回のようなライブを見ると、ずっと追い続けているものがあることがわかる。
今日もキラキラしてた。

30年前に見た彼の姿が、今日そのままステージにあった。
坂本さんは最初からアーティスト、表現者だった。

私はアーティストは生まれながらのものだと、彼に会って思った。
技術を磨いて努力してなるものではない。

アーティストは、最初からアーティストなのだ。
生まれながらに、
技術を越えて、人を魅了するチカラがあるひとがいる。
人に影響を与えるひとがいる。

大学時代の私にとって、坂本さんは憧れだった。
自分もあんなアーティストになりたいって、心のどこかで思ってた。

今でもやっぱり同じだ。
坂本さんはカッコよかった。


坂本弘道Facebookページ

**********************************