版画展を観に東京都美術館に行ってきた!

カテゴリー

版画ってこんなの?

10/21(土)、上野公園。
版画展を見るために、東京都美術館に来た。
上野駅の公園口の改札から歩いて5分くらい。

日本版画協会
東京都美術館


台風が近づいて雨が降っている。
さすがにいつもの土曜日よりはお客さんは少ないみたい。

版画展の入り口に来た。


私は版画展を見るのは初めて。
今回は、母の友人の作品が展示されているので、それを見るためなのだ。
母も来たかったが、さすがに雨で、最近の気温の上がり下がりについていけず、しんどいみたい。
代わりに私が来た。

入場料は600円だけど、招待券をもらっている。
受付で「乙村ヤスコ」さんの名前を言って、展示している部屋番号をおしえてもらう。

会場は撮影OK。

(版画って、こんなにいろんな絵があるんだ)

中学のとき、美術の時間に版画をした。
彫刻刀で板を削って、墨をつけて、紙に押し当て、擦った。

そんな黒白のイメージ。
でも会場に並んでいる絵はとてもカラフル。
今まで持っていた版画のイメージがすぐに変わった。

乙村さんの絵を見つけた。



2枚もある。

乙村ヤスコさん『痕跡~再生するか・た・ち』


『痕跡~再生するか・た・ち 』の感想

不思議なかたちだ。
おたまじゃくしみたい。
ブルーがきれい。
水のなか。
青のなかのピンクがきれい。
細胞のなか。
顕微鏡で覗いた世界。

乙村ヤスコさん『痕跡~記憶のす・が・た』


『痕跡~記憶のす・が・た』の感想

怖い。
竜に見える。
魚、鳥、お化け
いろんな記憶のかたちが現れては消えていく。

勢いがあるのが乙村さんの絵。
色の配色も美しい。
自分のなかのイメージをかたちや色にするのは楽しそうだ。



版画って、こんなに広いんだ!

会場でとくに印象に残った作品。

モノトーンが好き。
人物描写がいい。

南雲久美子さん『オルセー美術館の開場を待つ』



******************************************
絵本のような世界。
粗いタッチが素敵だ。

細水和子さん『都市の幻想01-11』



******************************************
ねこ好きにはたまらない。
一緒に大あくびが出そう。

高橋孝夫『目覚めⅢ』



版画は面白い

初めての版画展だった。
どれもプロの絵だった。
イラスト、水彩、絵がでこぼこしている絵まで、版画って広いのに驚いた。

いろんな絵を見て、自分らしい絵を描きたいと強く思った。
うまくなくていいから、私らしい表現がしたい。
上野の美術館にもっと行って勉強しようっと。

日本版画協会

東京都美術館