「初心者はどんなカメラを選べばいいですか?」~写真展『1961’s Photographer』で写真家 湯浅立志さんに聞いてみた~

カテゴリー

最初の一歩はどんなカメラでもいい

湯浅立志さんの作品。会場で撮影。


8/17(木)、写真展『1961’s Photographer』の会場。
最終日、日頃から悩んでいることを写真家のかたに聞いてみたいと思っていた。
それは、「どんなカメラを選べばいいのか」。

湯浅さんに聞いた。

私「これから写真を始めようとしているひと、カメラ初心者のひとへ、どんなカメラを選べばいいのか、教えていただけますか?」

湯浅さん
「スマートフォンを持っているという前提で。スマホのほかにもう1台カメラを持っていたほうがいい。それはコンデジでも、ミラーレスでも、一眼レフでもいい。それで(写真への)興味がふくらんでいけばいい。最初の一歩としてはなんでもいい。それをどう使って、なにが不満で、なにがいいか(を感じていく)」

「(iPhoneを見ながら)これで(ほとんどのひとは)不満はないって言うかもしれない」

私「そうですね、最近はコンパクトデジカメが売れないそうです」

湯浅立志さんの作品。会場で撮影。


湯浅さん
「スマホで満足できないものはなんだろうって、ひとつひとつ整理していったほうがいい」
「何に興味を持てるか、というのもひとそれぞれ。カメラ自体が好きというひともいらっしゃるから」

湯浅立志さんの作品。会場で撮影。


私「インターネットでカメラを調べると、シャッタースピード、iso感度がどうだとか。今度の新製品はこんな新しい機能がつきましたとか」

湯浅さん
「勉強しなくちゃと思うとつらいですよね」

私「私もそうなんですが、どこのカメラを買ったらいいのか、よくわからないかたも多いようなので」

湯浅さん
「そんなに考えなくても、いまカメラは安くなっている。とりあえず中古で買ってみてもいいのではないですか?」

私「それも聞きたかったことなんです。よくカメラを始めるには中古カメラからでいいって聞きますが」

湯浅さん
「全然、中古でいいですよ。その中古カメラとスマートフォンのカメラがどう違うのかを見てもいい」
「それはいいカメラを使ったほうがいいけど、最初は中古カメラでいいですよ」

湯浅さんの日頃のお仕事はモデルさんを撮影したり、商品撮影をされている。
今回は美しい風景写真を出展されていた。

私は海岸で波が打ち上がった写真が大好きだ。

湯浅立志さんの作品。会場で撮影。


(こんな瞬間、どうやって撮ったんだろう?)
泡が舞っている。
目の前に、大きな泡の玉が飛んでくる。
時間が止まっていた。

湯浅さん、初心者の質問に丁寧に答えていただき、
ありがとうございました。

中古でカメラを探そうかなっと思いました(笑)。
(ガッティ)

写真家 湯浅立志 WEBサイト

**************************************