freetel priori2 (3G)を東京ビッグサイトの展示会で実際にさわってわかったこと。

カテゴリー

freetelフリーテルpriori2 (3G)

本体価格: 9,980円(税抜)

ITプロダクツ展(東京ビッグサイト 2015.5.15)で、
フリーテルのブースに行って来ました。

お目当ては、SIMフリースマホを実際にさわって、
インターネットのつながり方、
使い勝手がドコモと同じかどうか、
確かめたかったから。

わたしはドコモユーザー、3年前にGalaxy S3を購入。
本当はiPhoneが欲しかったのですが、その頃まだドコモにiPhoneはありませんでした。
iPhone欲しさに、ソフトバンクに何度も移ろうかと考えました。

契約の2年縛り。わたしもその呪縛にかかっています。
今の番号を使用して、10年以上、前の番号も入れると、15年以上(?)、ドコモを使ってる。
そう、ドコモしか使ったことがない。
DOCOMOしか知らない。
だけど、長く使ってても恩恵を感じていません。
ドコモに、スマホに、そんな不満を感じてる私には、
この格安SIMカードやら、SIMフリーのスマホがどうも気になってしかたがないのです。

写真は、priori2のカバー。種類が豊富。

たくさん目にするようになった、格安SIMカード。
このほとんどは、ドコモのSIMカードを使用してるので、
ドコモのアンテナをつかってるそうです。

このことって、知ってました?

わたしはこの事実を知って、愕然としたのです。

じゃ、ドコモと同じじゃないか。。。

だから、フリーテルのSIMフリースマホを、実際にさわって、WEBページを見たり、YouTubeを見たりして、ドコモとどれだけ違うのかどうか、自分で体感したかった。
それで東京ビッグサイトに行ったわけです。
フリーテルのブースでは、ひたすらネットのニュースを見たり、YouTube動画を再生したり。

そして、わかりました。

SIMフリーのスマホ、priori2(3G)でも、ネットちゃんとつながるし、きれいに表示されてるし、YouTubeもスムーズに再生されてるし、カメラもあるし、なにも困りません。
9,980円って、大丈夫かなぁって、正直思って、見に行きましたが、自分が今使ってる、ドコモXi(4G)とどれだけ差があるのか、わかりませんでした。
ある意味、ショックでした。

スマホ本体のスペック、通信速度の違いって、とっても微妙。
おそらく使うひとによって、感じ方が違うかもしれません。

ただ、言えるのは、価格が高ければなんでも良いわけではない、ってこと。
自分でさわってみて、判断したほうがよいと思います。
もうネームバリューで品質を判断する時代でもないかもしれません。

フリーテルの展示会で聞いた話で、驚いたことがもうひとつ。

2年縛りがない、いつやめても違約金が発生しないこと。

いつでもやめられる。
これがフリーテルのいいところです。

これから、個人よりも法人契約(会社)で、
SIMフリースマホをもつ人が増えてくると思うので、
だんだん個人にもSIMフリースマホの波が押し寄せてきますよ。(ザブーン!!!)

「フリーテル priori2(3G)をビッグサイトの展示会で見てきた。」映像です。